女性の復職のために日本の労働環境の改善を

復職を目指す女性を応援します!

日本の女性の労働環境

日本の女性の労働環境

日本では男女平等を目指す社会の動きが始まって以降、時代が進むにつれて女性の活躍が目立つようになってきました。中でも結婚や育児のために一旦仕事から離れたものの、子育てが落ち着いたことで復職を目指す女性が多くなってきました。ですが、まだそこには男女でみた労働格差や復職の難しさなど、様々な問題を抱えています。今後さらに復職を希望する女性の増加が見込まれる中、どんな問題を抱えているのでしょうか。世界の労働環境と比較し、日本の労働環境の現状を知っていきましょう。

  • 解決すべき男女格差

    世界規模で見ると日本はまだまだ男女の労働格差が大きいと言われています。日本での男女の労働格差は世界でも最低レベルと言われるほどです。ではどのような問題点があるのでしょうか?女性の社会進出は求められていますが、実際には上場企業の役員に女性がほとんどいなかったり、男性と比べて給与が大きく下がったりといった問題があります。また、配偶者控除などの税制の部分で、女性の復職へのモチベーションが削られているという一面もあるようです。

  • 出産後の復職が難しい理由

    妊娠や出産など、女性にはやむを得ず仕事から離れなければならない時期があります。最近では女性の社会進出が注目され、出産後も復職を目指す女性が増えていますが、子育てと仕事を両立したい女性の復職にはまだまだ問題点が多くあります。これだけ女性が社会で活躍している中でも復職の壁となっている理由は何なのか、また実際に復職に成功して仕事をスタートさせる際に気を付けなければならないポイントについて現状を踏まえてお伝えしています。

  • 世界の女性の労働環境

    現在、日本だけでなく世界中で女性の社会進出が進んでいます。積極的に社会に出て働く女性が多くなったことは、家庭内で経済面の中心を担う女性の増加にも繋がっています。日本社会においても子育てと両立しながら活躍する女性が増えてきている一方で、その難しさも問題視されています。そして、世界各国で比較した場合にもそういった労働環境には差があるようです。ヨーロッパやアメリカの現状を参考にしながら、女性が復職しやすい社会を考えていきましょう。