女性が抱える出産後の復職に対する課題

復職を目指す女性を応援します!

出産後の復職が難しい理由

出産後の復職が難しい理由

結婚や出産を気に、今までのフルタイムでの仕事を辞めてしまう人は多くいます。実際に出産を控えた状態で会社に居続けることは、日本の労働環境ではとても難しいことなのです。ですので、多くの女性は出産やその後の育児のために一度仕事から離れて、子育てが落ち着いたら復職を考え始める傾向にあります。ですが子育てをしている女性が復職を実現するのはとても難しいことです。特に週5日のフルタイムで仕事をすることは子育てと仕事の両立を考えるととてもハードなことでしょう。では具体的にどのような問題点があるのでしょうか。

復職が難しい理由

出産後の復職が難しい理由として最も多い意見が、子供の預け先についてです。保育園に預けたくても中々空き予定がなかったり、両親や身内が近くにいないなどで子供の面倒を見れる人が他にいないという点です。その結果として、最近ニュースでも取り上げれていますが現在の日本では保育園に入ることができない待機児童と呼ばれる子供が増えてきています。また人間関係の積極的な構築が薄れつつある現代社会では、身近な人でも子供を預かってくれないケースが多いようです。
このことに関連して多い意見として、保育園に預けたものの体調不良などですぐに呼び出されてしまい会社を早退しなければならないケースです。代わりに迎えに行ける身内や知人もいない人が多いのです。また、企業側としても子育てをしている女性を受け入れる環境の整備が追いついていません。保育園を完備している会社も数少なく、子育てと仕事を両立しながら独身社員と同じ労働条件で働かなければならない状態にあるのです。その他、職場環境によっては育児休暇があっても利用しにくい雰囲気にあったりと、まだまだ企業が抱える問題も多くあります。

復職するとき気を付けるポイント

このような労働環境の中で女性が復職を目指すにはどのような点に気を付ければ良いでしょうか。一番はやはり復職する前に子供を預ける環境を確保しておくことです。前述したように、いざ預けたくても中々見つからないケースも多いので、復職時期を決めたら早い段階で保育園を探し始めたり、身内や知人に相談してみましょう。また、子育てと仕事を両立していくのは1人でできることではありません。家族や保育園に相談しながら仕事に取り組みたい気持ちを理解してもらうことが大切です。会社では色々なことが起こりうるため、時に子供のそばにいたくてもいられない場合もあることを理解しておきましょう。本当に大変な状況は別として、多少のことでは仕事を優先しなければならない覚悟は必要です。
そして何より、どんなことがあっても仕事を続けていく覚悟を持ちましょう。子育てとの両立は想像以上に大変なことです。色々な問題にぶつかり挫折したくなる時もあるため、中途半端な気持ちでは続けることはできません。どんなに苦しい時でも、家族や周りの人と協力して仕事を続ける強い意志をもちましょう。