女性の復職は日本を救う

復職を目指す女性を応援します!

日本を救うのは女性

日本を救うのは女性

現代の日本社会は女性の積極的な社会進出が目立つようになり始めました。最近ではただ働くだけでなく、仕事を通じてキャリアアップを目指したり、子育てと仕事を両立する女性が増えてきており、今後の日本の労働環境や生活に対する価値観などを成長させるのは女性と言っても過言ではありません。それに日本女性は元々教育レベルが高いと言われており、職業倫理もしっかり身についているので、低迷しつつある日本経済を救うような存在になると考えられています。ですが抱えている問題も多くあり、特に働きたい女性を取り巻く環境については早急な改善の必要があります。

女性の復職に関する問題点

日本の社会で働く女性を取り巻く問題点としては、子育てが落ち着いたあとの復職が難しかったり、男性の育児に参加する割合が少ないこと、そして保育サービスなどの子供を安心して預けられる環境の不備などがあります。さらに日本社会では、管理職・役員の女性はほんの1%ほどしかおらず世界でも最低レベルです。

労働環境先進国から学ぼう

そんな日本のお手本になる国としてオランダがあります。オランダには日本がお手本にすべき労働環境の良さが備わっています。
オランダの特徴として「2人で1.5人分の働きをする」という考え方があります。つまりはパートタイムなどの働き方を重要視して、その働き方をフルに活用し女性にかかる負担を減らすということです。パートタイムでも管理職であっても責任のある仕事をすることができ、取り組む業務内容が一緒であれば給与も同じにすることができます。ですのでオランダでは、子育て中の多くの夫婦がパートタイムの制度を活用して育児に取り組んでます。収入は減ってしまいますが、新しい分野にチャレンジできたり家族との時間を大切に過ごせたりというとても満足度の高い制度だと言えます。20年ほど前のオランダは働く女性の割合がたった20%でしたが、パートタイムの制度を充実させたおかげでその割合が爆発的にのび、税収も増え、国家の経済低迷を抜け出したのだそうです。今までは1人分だった家庭の収入が1.5人分の収入になったのですからね。
そして日本でもパートタイムという働き方を見直し充実させることで仕事に復帰できる女性を増やし、それによって税収が増えることで国家も潤うのではないかと考えられています。女性が仕事と育児を両立出来るサポート体制の環境づくりをし、働く意欲が高い優秀な女性達がより多く復職のできる社会作りを目指すことが大切です。

なお、当サイトへのお問い合わせはこちらのフォームからお願いいたします。