復職が成功する女性の特徴とは

復職を目指す女性を応援します!

再就職できる女性の特徴

再就職できる女性の特徴

歯科衛生士や看護師などの医療系や、IT系といった専門職の仕事をしていた女性は一旦仕事から離れても、また同じ待遇で復職できることが多いようです。そのため出産や育児休暇などで多少ブランクがあったとしても、求められるスキルを持っていれば短期間で復職が可能なのがこの専門職の人だそうです。特に、看護師といった職業は常に求人が更新されています。常に多くの人材を必要としている業界ですし、看護師に限っては給与のアップも可能です。このように手に職を持っている女性は復職に強い傾向にあります。その他、復職しやすい女性というのはどのような特徴を持っているのでしょうか?

離職期間が短くスキルの衰えも少ない

一般的に離職期間が長ければ長いほど、職業能力が低下すると言われています。そのため9割近くの企業がブランク許容期間を2年程度としているようです。実際に復職に成功した女性の約6割が2年以内に復帰しているというデータがあります。家事や育児に追われて復職準備をせずに過ごしていると、いざ仕事をしたいとなった際に復職が難しくなるケースも考えられますので頭に入れておく必要があります。

子供を預けられる環境を確保出来ている

復職を成功させるためには子供を預ける環境を用意しておかなければなりません。両親と同居していたり近くに住んでいるのであれば、企業もあなたも子育てと仕事の両立に対する心配をせずに仕事ができます。そのような環境がないのであれば、保育園(保育所)、幼稚園、託児所、学童保育などの施設に子供を預ける方法もありますので一度考えてみるのもよいでしょう。また数は少ないですが社内に託児所が完備されている企業を選ぶという方法もあります。
保育園を希望している場合は、入園時期が決まっていない状態では企業も採用に不安を覚えてしまうため注意が必要です。ですが育児休業給付金の期間が終わった状態で保育園に子供を預けるのは経済的にも負担がかかるので現実的には難しい問題でもあります。

高望みをしない

これは復職を希望する人全員に言えることですが、高望みをしない人ほど短期間で復職活動を終えることができるのです。前職で良い実績やキャリアを積んでいた経験がある人ほど陥りやすいケースですが、一旦仕事を辞めてまた復職する場合はそれまでのあなたの実績はあくまで前の職場での実績であり、実際にあなたを評価するのは別の新しい会社です。そのため一般的に復職後はほとんどの人が年収が3割ほど下がることを知っておきましょう。長い休業期間があった訳ですから、すぐに休業前以上のパフォーマンスを発揮できるとは限りません。前職での扱いと比較するあまり給与面などにこだわりすぎてしまうと、どんどん復職が難しくなっていきますので自分の感覚で過信しすぎないようにあなたの市場価値を把握しておくようにしましょう。