女性の復職で避けたいNG行動とは

復職を目指す女性を応援します!

意識すべきNG行動

意識すべきNG行動

欠勤の連絡をするのは申し訳なさからどうしても長電話になってしまいがちです。ですが説明が長くなるあまり、相手の大切な時間を奪うことは迷惑になるので要点を簡潔にまとめて説明するようにしましょう。伝える順序としては、まずはお詫びを述べ、仕事で引き継ぐことがあれば伝えた後、いつ出勤できるかの順番で説明するとよいでしょう。その他にも気を付けなければならない事がいくつかあります。

早退するときは準備をしっかり

仕事中に体調が悪くなったり、子供の保育園からの呼び出しといったやむを得ず早退しなければならなくなった場合は、その場で仕事を投げ出すのではなく引き継ぎなどの調整をしてから帰宅しましょう。このような事態が起こったときに他の人に効率よく引き継ぎができるように、業務のリスト化をしておく事が必要です。また保育園からの呼び出しでも、代わりに対応出来る身内の人などをあらかじめ決めておくのも職場に迷惑をかけずに済むのでよいでしょう。
早退するときだけに限ったことではないですが、仕事を終えて退勤する際に、オフィスに誰もいない状態であれば同僚や上司など誰かが戻ってくるのを待ちましょう。誰にも告げずに勝手に帰ってしまうと自分が担当した業務で何かあった際に職場の人に迷惑がかかってしまいますし、オフィスが無人になってしまうため来客や電話対応ができなくなるなどの仕事のロスに繋がります。急用の場合は退勤する少し前に上司に事情を説明しておくと良いかもしれません。

家庭や仕事の不満を漏らさない

復職後は子育てとの両立が上手くできなかったり、仕事において責任のある案件ではなく負担が軽くやりがいの無い仕事を任されたり、異動になったりと、ついつい不満をもらしてしまうようなこともあるでしょう。ですが私情を持ち込むのはNGです。オフィスにいる際は気持ちの切り替えをして仕事に集中しましょう。新しい挑戦だと前向きに考え、子育てと両立するために業務を効率よく進めて定時で切り上げるにはどうしたら良いかなど成長する気持ちで取り組むことが大切です。

自分だけが大変だと考えない

ワーキングマザーは想像以上に大変です。家庭と育児の両立はすぐにできるものではありません。ですが大変な気持ちを過剰にアピールしたり、私だけが大変なんだと意識しすぎるのはNGです。同じ職場で働く人は、育児だけでなく介護や病気などそれぞれが色々な悩みを抱えながら業務に取り組んでいます。決して自分だけとは思わず、同じ職場の女性やワーキングマザーとして働く先輩に相談したりしながら復職を前向きなものにしましょう。