女性の復職を支援する様々な制度

復職を目指す女性を応援します!

復職に便利な制度

復職に便利な制度

今現在休職中である女性も、子供が大きくなり子育てが一段落したタイミングで復職を考える機会がでてきます。しかし実際に復職して仕事をスタートするためには、子育てをしながら働く環境や復職方法などに様々な壁があります。子育てをしながら復職を目指すことが初めての経験という事もありとても不安な人も多いでしょう。そんな女性のために、ここでは復職する時に役に立つ様々な制度をいくつかご紹介していますので参考にしてみてください。

  • 頑張りが認められる「正社員登用制度」

    復職を考える際に正社員採用試験ではなく、パートやアルバイトから正社員になる可能性を見つけるなら正社員登用制度の利用をオススメします。仕事を辞めて無職の状態から正社員の採用試験を受けるのよりも、働きながら能力を判断してくれるというメリットがあります。ですがデメリットもあり、普段の働きぶりが重要視されますので他のパート社員と同じぐらいしか働けないのであれば、中々声をかけてもらうことはできません。また、アルバイトなどの人材確保のために謳い文句として使っている可能性もありますので、注意が必要です。

  • お金も貰える「職業訓練」

    未経験の職種へ復職したい人であっても、職業訓練で専門知識を習得することで実現可能です。職業訓練は、各条件を満たしていれば各種手当を受け取りながら専門知識やスキルの習得ができる制度です。そのため子育てなど急な事情で仕事を辞めた女性にとって復職を目指すための準備期間となり、選択肢を広げることも可能でありながら手当の支給もあるという心強い制度となっています。ですので、復職をキッカケに専門職への転職を目指す女性にはまさに絶好の制度なのです。

  • ミドル層に嬉しい「ありのママ採用」

    出産や育児をキッカケに仕事を辞める女性が大半な中で、子育てを一段落させた母親を積極的に採用しようといったニーズが最近増えてきています。これまで子育て期間中は仕事のブランクだと言われていました。ですが現代社会では、母親経験で培ったあらゆるスキルを企業のサービス向上に活かそうという考え方へと変わってきているのです。このページではそんな母親経験のある女性の復職を積極的に支援している「ありのママ採用」について紹介していきます。

  • 古巣に戻れる「ジョブリターン制度」

    結婚や子育てなど、様々な理由で仕事を辞めた人を再雇用するために、ジョブリターンという制度があります。女性には出産を機に仕事を続けるか辞めるかの選択を迫られる時期があります。その際の選択肢として、転職ではなく元の職場に復職できるジョブリターン制度は復職を目指す女性だけでなく、即戦力となる人材確保を狙う企業にとっても大きなメリットがあり、この制度を利用することで育児と仕事の両立を実現している女性も増えてきています。