ジョブリターン制度を知って復職を有利に進めよう

復職を目指す女性を応援します!

古巣に戻れる「ジョブリターン制度」

古巣に戻れる「ジョブリターン制度」

結婚や出産による子育てなど、女性にはやむを得ず仕事を退職しなければならない時期があります。そんな時復職を目指す女性のためにジョブリターン制度というものがあります。ジョブリターン制度とは、家事や育児などをキッカケに退社した女性を子育てが落ち着いたタイミングで再雇用する制度です。このジョブリターン制度でおよそ7割近い企業が退職後の出戻り社員を歓迎しています。組織の戦力として働いてくれている社員の流出は企業にとっても痛手であることから、働き方の見直しを目的につくられた制度でもあります。

即戦力としての採用

ジョブリターン制度があれば、元社員を再雇用する事により教育にかける時間を短縮でき、即戦力として採用する事ができます。また、会社での職務経験や部署で求められているスキルも新しい人を雇うよりはるかに高いので、優秀な人財確保を目的としてこの制度を採用する企業が増えています。最近の大手企業では、キャリア採用枠の他にジョブリターン制度で再雇用枠を設けたりジョブリターン制度に似たような制度を導入しているところも沢山あります。

企業側にもメリットが多い

前の職場への出戻りは男女共に共通している話です。一般的に再雇用される社員は、「ブーメラン社員」もしくは「出戻り社員」と呼ばれています。ジョブリターンの制度を実施している企業が実施した再雇用についてのアンケート調査では、企業の約7割が出戻り社員の雇用経験があるとの結果が出ています。ジョブリターン制度を採用する理由としては、即戦力を求めていたり既に人柄の分かる人を採用するため安心である点が挙げられます。その他にも教育コストをおさえられることも企業にとってはプラスな要因になるようです。

出戻りを視野に入れるなら円満退社を

出戻り社員に対する職場の反応は様々でしょう。戻ってきてくれたことに歓迎ムードな場合もあれば、あまり良くないとマイナスなイメージになる場合も少なくありません。これは退職理由や辞め方の影響が大きいでしょう。ジョブリターン制度を活用して復職を成功させたいのであれば、復帰することだけでなく復帰した際に歓迎される人柄でなければなりません。その為には、周りの既存社員への配慮や態度に注意することが大切です。一回り成長して帰ってきてくれたと温かい気持ちを持ってもらえるような人間関係を築きましょう。
即戦力の人材確保を考えれば企業側のメリットも大きいため、ジョブリターン制度は今後さらに増えていくことが予想されています。いざ自分がその制度を利用したいと考えた時、自分が戻りやすい人間関係を築いて退職することが理想と言えるでしょう。