職業訓練を活用した復職も可能!

復職を目指す女性を応援します!

お金も貰える「職業訓練」

お金も貰える「職業訓練」

職業訓練とは、それぞれの職業において必要な専門知識や技術を習得させることで、働き手の能力を育成して向上させるための訓練のことです。職業訓練には公共職業訓練と求職者支援訓練という2種類の方法があります。ぜひうまく活用して復職につなげてくださいね。

職業訓練の種類

公共職業訓練とは、仕事をしていた時に失業保険を払っていた人が退職した際に雇用保険を受給しながら通うことが出来る職業訓練のことです。主に就職する為に必要な専門知識やスキル、資格取得を目的に通う場所です。受講するための費用は基本は無料ですが、受講時に使用する教材費などは全て自己負担となります。
では、「失業保険を払ってなかった人は職業訓練に通えないのか」というとそうではありません。様々な事情で雇用保険が受給出来ない人のために求職者支援訓練というものがあります。求職者支援訓練では、各職業で必要とされるスキルを3ヶ月~6ヶ月程の期間で習得できるコースがあります。また、求職者支援訓練の大きな特徴として、職業訓練受講給付金が貰えるという点があります。ですが職業訓練受講給付金を貰うには、本人の1ヶ月の収入が8万円以下であることや、世帯全体の収入が25万以下、金融資産が300万以下であること、その他設けられている条件を全て満たしている人しか受け取る事はできないので受講する前に確認しましょう。

受講しながらお金を貰える

では、職業訓練を受講しながらどういった手当を受けられるのかという点について説明します。受講しながら貰える手当として、基本手当、受講手当、通所手当の3種類があります。
基本手当とはいわゆる失業保険のことです。自己都合により会社を退職した場合は3ヶ月後に失業保険がおりますが、職業訓練に通う場合は待機期間を経ずして早い段階で給付金を受け取ることができます。受講手当は日々職業訓練を受講することで受け取ることができる手当です。数年単位で設定金額の見直しをされますが、1回受講ごとに約500円ほど受け取ることができます。そして通所手当は、会社で支給される交通費と同じく通学の為のお金として受け取ることができます。
このように職業訓練を受講することで様々な手当を受け取ることができますが注意点もあります。基本的には全ての講義を受講しなければならず全講義を通して出席率が8割以下の場合は給付金が貰えなくなるので、きちんとスケジュールを管理して受講するようにしましょう。